占い師の裏話①彩色が決めている個人的なルール!

NO
The following two tabs change content below.
千葉県在住。夫、娘と3人暮らし。 主婦でありながら別名義でイラストレーターや歌の指導を行なっているちょっと特殊なタロット占い師。

こんにちは、彩色です。
今回は、私の個人的なルールをご紹介していきます!こんなときはタロットやらない編です。

スポンサーリンク

ルール① タロットは原則お風呂に入った日だけ

お風呂

お風呂って、身を清める場所ですよね。

個人的になんですけど、お風呂に入った方がカードを引いたときにピンと来やすいような気がしています。
実際お風呂に入っている最中に「したほうがいいこと」「アイディア」などがポンポン浮かびます。
恐らく自分一人の空間でリラックスして目をつぶって洗ったりしているからなんでしょうね(^^)

そして私は髪の毛が細くて毎日洗うとキッシキシになっちゃうので気にならなければ2日に1度しか入りません…(^^;)
体だけシャワーを浴びる日もありますが頭を含めて全身洗った日にタロットしています。

髪の毛には悪い気が付きやすい、ということもあるので占う際には注意しています。

その為、占いのご依頼をいただいてお返事するまでに時間がかからない場合とかかる場合があります。(すみません)

ルール② 体調が悪い日も占わない

体調が悪い

基本的に眠気がひどい日や体調が悪い日も行なっていません。

タロットをする際は、瞑想したり、占う場を浄化したりプロテクトして行うのですが体調が悪いとまずそもそもの準備段階がうまくいかないような感じがして行なっていません。

眠い、痛い、など他のことが気になる環境だと占いそのものにも集中できないので体調も重要なポイントですね。

ルール③ カードを混ぜる前にピンときてない

電球
カードを混ぜる際に、瞑想を行ったり、占う内容を頭に思い浮かべたりするのですがそのときに額や頭の方にエネルギーを感知したら占いを行っています。

占う内容によって、まーったくエネルギーを感知しないことがあります。

自分の集中力が足りないのかもしれませんが、ちゃんとサポートを受けて真実の結果を引ける!と自分が理解できないときも占うことを控えています。

お返事に時間がかかることが…

手紙
カードを引いて展開するところまで進んだけど、引いたカードの意味がいまいちピンとこない。
そういったときも一度考えるのをやめ、他のことをして気を紛らわしています。

無理に考えようとすると自分のインスピレーションから出た答えではなく、こじつけたような意味合いになってしまうので「それって正しいの?」と思ってしまうんですよね。

「自分がカードを見て感じたことを伝える」ようにしているのでこの場合もお返事に時間がかかっています。(すみません…!!)

まとめ

タロット占いを初めてやる前は、準備段階で色々なことをするなんて知らなかったので、いざ自分が占い師になってタロットに触れてみて、やることの多さにまずびっくりしました。

もちろん準備の工程は人それぞれ違うのでもっと省いて行っている方やもっと準備に時間をかけている方もいるかと思います。

今回は私が占いをするときの条件についてお話しましたが、占いをしてるときに感じていること、ご相談者様に対して感じていることなどの裏話もご紹介していきたいと思います(^^)