【大アルカナ】2*女教皇〜THE HIGH PRIESTESS〜

The following two tabs change content below.
千葉県在住。夫、娘と3人暮らし。 主婦でありながら別名義でイラストレーターや歌の指導を行なっているちょっと特殊なタロット占い師。

本日は大アルカナの2番、女教皇のカードについてご紹介していきます(^^)

スポンサーリンク

正位置

直感、冷静、知的、神秘的

大アルカナの中で2番目のカードですね。
始まりの1から少し進んだ段階。何か物事を始めよう!と思い、じゃあ具体的にはどうしたら良いんだろう?と冷静に物事を考え始める段階です。

恋愛

冷静で落ち着いており、聡明な女性という意味や、自分の直感に従って行動すると良いという意味を持ちます。カードの出た場所にもよりますが、相談者本人を示していたり、好きな人の好きな女性を示していたり、はたまた母親を示していたり、人物を示すこともあります。

別の意味

このカードは、落ち着いて物事を判断する、現実と精神世界のどちらも見据えて判断する、というような意味合いを持ちます。バランス感覚に優れた女性で、現実的過ぎず、精神的な面に偏り過ぎずちょうどいいのです。

今後出会う男性は?

カードのイラスト自身は女性ですが、教師や医者など頭の良い人物、仕事のできる人物、穏やかで優れた判断のできる人物が特徴として挙げられます。

対策に出たら

冷静になって、という解釈もできますし、自分の直感に従って行動せよという解釈もできます。周りのカードの状況や相談内容によって意味は変わってきますが大体「冷静に」が多いように感じます。

逆位置

諦め、神経質、自己中心的、無気力

冷静な面が欠けている、冷静な面が過剰に出てしまっている、ということから諦めが早いですとか神経質になっている、自己中心的な考え方になっている、無気力になっている、という意味を持ちます。

恋愛

今現在冷静さを欠いている、相手の細かいところを気にし過ぎている、自己中心的になっている、などの意味があります。また、相手から見て冷たい態度を取っていませんか?という意味もありますね。

別の意味

またこのカードの正位置では清らかさなどの意味もあります。その為、逆位置で出ている場合は清らかさが足りないという解釈で、性的な乱れや、道徳に欠けるという意味もあります。あとは、知ったかぶりなど。

今後出会う男性は?

穏やかではない、知的ではない、ということで血の気の多いようなタイプになるかと思います。別の意味に書いた内容も加味すると、性的にもだらしがないような…あまりオススメできない男性です。

対策に出たら

逆位置で出ていても「今は冷静じゃないみたいだから、落ち着いて」と読むこともあります。逆位置ならではの解釈で読むなら「ちょっと神経質になっているようだから、少し羽目を外してみたらどうか?」という意味にもなります。

まとめ

タロットカード解説、今回は大アルカナの2番、女教皇の解説をさせていただきました。次回は大アルカナの3番、女帝の解説をしていきたいと思います(^^)78枚全てやっていく予定にしていますので是非ご覧くださいませ。

タロットの無料モニターを募集しています!

お一人様初回に限り、無料でモニター鑑定を行なっています。ご相談内容(ぼかし有)とレビューをブログに掲載させていただいても大丈夫であれば誰でもご応募いただけます(^^)

無料モニター鑑定はこちら


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ表示継承 3.0 非移植ライセンスの下に提供されています。