LGBT(同性愛)のご相談もOK!何故なら彩色もバイセクシュアルです。

同性愛
The following two tabs change content below.
千葉県在住。夫、娘と3人暮らし。 主婦でありながら別名義でイラストレーターや歌の指導を行なっているちょっと特殊なタロット占い師。

こんにちは、彩色です。
タイトルでいきなりカミングアウトかましてますが、私はバイセクシュアルです。

なかなかこの話題について人にお話しする機会はありませんが、占い師をしていて圧倒的に男女の恋愛のご相談が多く、同性愛に悩んでいる方が少しでも占いに親しみを感じてもらえればと思いました。

スポンサーリンク

きっかけ

手を繋ぐ

元々私の性格はどちらかというと男勝りなタイプで、弟と性別を間違えて生まれてきたんじゃないか?と感じながら過ごしていました。

そんな私が中学生の頃、仲の良かった友達は家庭内で性的な虐待を受けていて、私は幼いながらにその友達を守りたいと、力になりたいと思っていました。

「守りたい」という感情がそのうち恋愛感情に変わっていき、男性目線で彼女を愛すようになっていました。

その友達も私に対して恋愛感情がある、と告白してくれたのでお付き合いを始めましたが気持ちのすれ違いによって交際は長く続かなかったのです。

高校入学後も同性と交際

パソコン

彼女と別れた頃私は高校生になりましたが、私が在籍していたクラスには性同一性障害の子が二人いて、その二人と親しかった為同性愛やマイノリティに対する偏見はありませんでした。(今でもその友人とは連絡を取っています(^^))

そして私はその後、ネット上で二次元のキャラクターになりきってチャットをする、通称ナリチャにハマり、キャラクターに対する愛情とチャットをしている実在の人物への感情を混在してしまいました。(今思うと黒歴史です…分かる方は分かると思います…(笑))

相手の方も私と同じようにキャラクターが好きなのか、それとも彩色のことが好きなのか分からなくなってしまって、その状態のまま直接会うことになりました。

直接お会いして現実を受け入れられるかと思いきや、そのまま交際に発展し、女性と二度目の交際を経験しました。

その後高校卒業までにそれぞれ短期間ではありましたが7人の女性とお付き合いをしました。

北海道と千葉での遠距離恋愛や、自転車で10分も漕げば会える距離での恋愛、泥沼のような三角関係や、自然消滅してしまった恋愛など、様々でした。

私は高校生で相手は大人であるパターンが多かったですが、高校生ながらに本気で恋愛していました。
高校生時代のバイト代は北海道の恋人(7人のうち3人が北海道在住)に会いに行くためにほぼ消えていましたね(笑)

結婚しましたが…

NO

私はレズビアンではなくバイセクシュアルだったので結婚に至りましたが、基本的に男性から好意を寄せられることや、恋愛対象として見られること、女性として扱われることに嫌悪感を感じています。

今の主人だったからこそ結婚できましたが、主人以外の男性はダメです。

日本の法律が許せば、主人のほかに妻が欲しいと正直なところ思います。(個人的な好みですが年上の黒髪クールビューティーなお姉様が良いです。)

世間の目と同性愛だからこそ感じること

悩み

話が逸れましたが、「同性が好き」と言うとまだどこかで引かれてしまう世の中だと思います。
私が同性の方とお付き合いしていた頃よりだいぶ寛容にはなってきたと思いますがまだ珍しいものを見るような扱いをしているように感じます。

占いをしてみたい、と感じていても「同性の方との恋愛を占ってほしい」というのは伝えにくいのではないでしょうか。

男性だから女性を愛さないといけないとか、女性だから男性を愛さないといけないとか、そういうことではなくて、「好きになった人が同性だった」、ただそれだけだと思っています。

愛する人との子どもが作れないとか、親に孫を見せてあげられないとか、友人に理解してもらえないとか、どうして自分は異性に生まれなかったのかとか、周囲にカミングアウトすることができないとか、同性ならではの悩みは尽きません。

打ち明けることに勇気がいると思いますが、私は貴方の味方であり、仲間です。
同性の方との占い、ご相談もお待ちしております(^^)
是非好みのタイプについてでも、同性ならではのお悩みでも様々にお話できればと思います。

メールフォームはこちら
匿名でのお問い合わせはこちら
LINEでのお問い合わせはこちら